「誉めて伸ばす」ができるのは誰?

18 2月 2014

http://www.deskstyle.info/eria/fukuoka/fukuoka.htmlこれまでも多くの教育学者、心理学者や科学者が、学習についての研究が行われてきました。

学習を研究対象とする心理学分野のひとつに学習心理学があります。学習心理学は、学習理論ともいい、心理学分野における学習研究のルーツは、エビングハウスの記憶実験にあると考えられているようです。

パヴロフの条件反射、ソーンダイクの問題箱における試行錯誤学習、ゲシュタルト学派のケーラーの見通し学習などの先駆的研究は、現在の学習心理学にも大きな影響を残しています。

その後、学習理論は「刺激 = 反応(S-R説)」か認知理論の「刺激 =刺激(S-S説)」かに大別され論を二分してきました。

このような学習に対する考え方は、教育現場でも繁栄され、オペラント条件付けの考え方は、一般的なしつけなどにも取り入れられている理論です。

たとえば、学習成果の褒美に「ゲームを買ってあげる」と約束するなどは、よくある話しで、そのような行為は、決して良い効果をもたらさないことも十分に知られています。

子どもにとって最大の報酬は「誉めること」だといわれています。
「誉めて伸ばす」これができるのは丁寧に向き合うことができる1対1の家庭教師かもしれませんね。

詳しいことは、福岡市の家庭教師のデスクスタイル福岡市の家庭教師が参考になります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする