女性は肥満から薄毛になることがあります

5 10月 2014

肥満が女性の薄毛の原因になると言われています。一般的に肥満で悩んでいる女性は薄毛になりやすいのが特徴です。主に30代の女性で肥満の方は薄毛で悩んでいる方が多いようです。分け目が薄くなったり、一部分だけ脱毛したり、全体的に薄毛や脱毛になることもあります。

初期症状では気付かないことが多く、症状が進行してから薄毛に気づくことが多いようです。女性の場合体脂肪率が30パーセントを超えると肥満になります。痩せ型でも体脂肪率が高い方がいるので要注意です。体脂肪が多いと血流やリンパの流れが悪化してしまいます。皮脂や老廃物が蓄積して毛根の新陳代謝が悪くなると、髪の毛の成長を抑えてしまいます。

以上のことから、薄毛や脱毛を予防したい方は、肥満を避けることが大切です。肥満が原因の薄毛や脱毛は、ダイエット食を摂って適度なエクササイズをすれば、治りやすいと言われているのです。ただ、ダイエットに失敗したり、リバウンドするとストレスになるので、薄毛や脱毛の症状を促してしまうことがありますので注意が必要です。

女性の薄毛や脱毛は、ひとりひとり原因が違うので、何が問題なのかをチェックする必要があります。肥満が原因で薄毛や脱毛になっている女性は、新陳代謝を改善して体脂肪率を下げることが大切です。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする